« CSIマイアミ7を見て | トップページ | WOWOW Excite Match アミール・カーンvsディミトリー・サリタ他を見て »

2010年1月11日 (月)

アニメ感想2010/1/4-1/10

2010年最初の新クールに入り、新作ラッシュとなった週でした。

【ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話】:絵柄が似ているので、「けいおん!」の軍隊版みたいと思っていたら、作品のノリも緩め軽めの軍隊物の様子。初めての赴任地で遅刻はおろか完全に任務を忘れてお祭り中の街を闊歩するラッパ隊所属なのにラッパが下手なヒロイン・・・・・・まんま唯だな。

【おまもりひまり 第1話】:最近のトレンドの強い美少女に守られる草食系ジゴロの主人公、しかも素直になれない幼馴染が一緒という完全にベタな設定の作品だわ。妖怪?とのバトルよりもヒロイン同士の女の闘いの方が熱が入りそうな感じ。しっかし、主人公、声が一緒のせいか、ラストはヒロインにメッタ刺しにされた挙句に首チョンパされちゃいそうな雰囲気が拭えない。

【ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第1話】:1期・2期と見過ごしていたけど、今回を見る限りはほのぼの緩めの4コマチックなアニメってところかな。肩の力を抜いて緩い感じで見るのが吉ってことで。それにしても、グラマーの変化がグラム→グラマー→グラマラスには思わず吹きました。

【おおかみかくし 第1話】:引っ越しに伴う転校先で急にモテモテになった主人公、積極的にアプローチしてくるヒロインもいる中で、それでも何か異様な雰囲気が感じられる・・・・・今後の方向性によって評価が真っ二つになりそうだな、救いの無いサスペンス中心のかなりバッドな方向か或いは妙に甘々でベタなラブコメ中心か。

【とある科学の超電磁砲 第14話】:この作品の表の主人公がレベル5超能力者の御坂さんとすると、佐天さんはレベル0で学園都市の裏の世界を現す裏の主人公ってところでしょうか。レベルアッパー使用者=被害者が集められた特別講習、今回は完全に佐天さんの回でした、己の限界を超えた先をどこまで信じきれるか、なかなか重い言葉ですなぁ・・・・・・成功者に言われても嫌味に聞こえそうだけど。

|

« CSIマイアミ7を見て | トップページ | WOWOW Excite Match アミール・カーンvsディミトリー・サリタ他を見て »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想2010/1/4-1/10:

« CSIマイアミ7を見て | トップページ | WOWOW Excite Match アミール・カーンvsディミトリー・サリタ他を見て »